ヘッドライト再生の新技術、ドリームコートを扱う事にしました。
当社が扱う以上、本物を正規ルートの商品で施工作業いたします。



当社は、ライト関係の磨き、分解、カラーリングなど、過去20年ほど前から、数多くの経験を持っています。
今のように、アジア製のヘッドライトが出回る前、全国のお客様を対象に、SMX、ステップワゴン、ワゴンRなど
2000台以上のヘッドライト加工作業を行いました。
ヘッドライトがピカピカだとクルマがぐんと良く見えると思っています。

近年クルマのヘッドライトは、以前のガラス製と異なり、ポリカーボネイト製の為に、経年変化により黄ばんでしまいます。
こんな分かり切った事を、なぜクルマのメーカーは対策しないのかとずっと疑問に思ってきました。
形状の設計自由度が高い。破損しにくい。何よりコストが安く出来る。そんな事でしょう。

ポリカーボネイト製のライトは、元々クリアコート層が有り、ライトを保護していますが、経年変化によって
クリアー層が劣化して、そこから黄ばみが始まります。劣化は思うより早く始まります。
ライトが黄ばむと見苦しくなり、クルマ好きには、耐え難い状況だと思います。
そこで、多くの方がコンパウンド等で磨きます。一時的にキレイになりますが、またすぐに黄ばむ。
クリアーコート層を削り落としますから、さらに加速して劣化します。
市販のコート剤を塗っても、数ヶ月で、また劣化して黄ばみます。材質上仕方ありません。
今までは、最良の手段は、鈑金屋さんで磨いてクリアー塗装をしてもらう事と思ってきました。


しかし、最近ヘッドライトスチーマーとか、ドリームコートなる物が現れました。
YouTubeで検索してみてください。多数の動画が見られます。

これは画期的な新技術です。簡単に作業内容を書きますと、劣化している表面を削り取り
コート剤を含んだ液体を蒸着してポリカーボネイトの表面自体を溶かしクリアー層を復活させます。
今まであった、磨いて何かコート材を塗ると言う手法では有りません。
この新しく出来たクリアー層は効果は、実験では、2年以上の耐久性があるそうです。
メーカーでは、4年間の耐久テストを行ったそうです。


とにかく、これからいろいろ試してみます。 順次こちらに報告していこうと思います。

まずは、当社の代車 ホンダライフから実験開始しました。

まず下処理です。劣化した表面を削ります。
今回は、600番から1500番までのヤスリを使いました。

この工程が一番時間がかかります。専用のサンダーも買いました。
ドリームコートを蒸着しているところ。
右下付近が終わってキレイになっています。左上はこれからのところです。

瞬時に反応してクリアーに変わっていきます。
右ライト こちらがそのままの状態です。
これでも、WAKOSさんのコート剤で磨いてありますから、
キレイな部類のはず
左ライト こちらがドリームコート 実験台 1号車
左の画像と見比べても、まさに新車のようになりました。
実験台 2号車 スタッフのフェアレディ Z33
右ライト こちらがノーマルの状態です。
黄ばんでます。
こちらも、半年前にWAKOSさんのコート剤で磨いてありますから、
キレイな部類のはず
左ライト こちらがドリームコート処理後です。
ピカピカ。新品に近い見た目に蘇りました。

経年変化で劣化進んでいたら、施工の価値は有りそうですよね。
VWポロ9N GTIのヘッドライト
材質のせいなのか、劣化がひどく、全体的に無数にヒビ割れています。

これは相当気合を入れないと、、
片側4時間ほどかけてヒビを全て除去しました。
完成した状態は、新車以上の見た目と思います。

ここまで仕上げようとすると、まあまあのお時間と費用がかかると思います。
後日に連続で、VWポロ 9N GTIのヘッドライトに施工しました。
先日のクルマよりヒビ割れは無さそうです。
半年くらい前に、他のコーティング加工をして有るらしい。
ハード系のコート材が塗って有った分、削りに手間はかかりましたが、
ドリームコートを施工したら、このくらいの輝きが戻りました。
2mくらい離れて見ると、新車のように見えました。
トヨタ マークX GRX130のヘッドライトに施工しました。
割りと新しいクルマだと思うのに、表面はザラザラで白くなっていました。
折角の高級車が残念な事になっています。
細かいクラックは残ったものの、ここまで透明度が復活しました。
左の画像と同じクルマとは思えません。
この状態が長持ちしたら嬉しいですね。
ホンダ ライフ JB1 のライトに施工しました。
実は明日にも廃車にするクルマなのですが、実験の為に加工してみました。

ホンダの古いライトはみんなこんな事態になっているはず。
実験台なので、いろいろ試しましたが、
ここまでキレイになりました。
クルマを捨てる事がもったいないくらいになりましたね。
ダイハツ ブーンX4 M312S のライトに施工しました。
全体的に黄色く曇っている感じでした。
クラックも深そうです。
深い層のクラックは消えませんでしたが、
ここまでクリアー感は取り戻せました。

直射日光が当らなければクラックもほぼ見えません。良しとしましょう。
ダイハツ コペン L880K のライトに施工しました。
このおクルマも頻繁にご自身でお手入れされていたようです。
それでも黄ばみが進んでいますね。
ドリームコートで、ここまで復元が出来ました。
違いは歴然ですね。まさにピカピカ。
かっこいいクルマがさらに良く見えます。

何台か作業を行って思う事は、とても神経を使う非常に難しい作業だと思います。
ですが、あくまで個人的な感想ですが、新車のライトよりも光沢が出て、新品よりキレイに見えます。

通常施工料金は、1台分 ¥25000- から ¥35000- の加工料金となります。
ライトの大きさ、形状、劣化具合により価格は変わります。
少し高いと思うかもしれませんが、ライト交換をしますと、一般的に¥60000-から¥100000-くらいかかりますし
1台にかかる施工時間と液剤の原価から考えますと、かなりのご奉仕価格と思っています。


作業経験を増やす為のモニターになっても良いよ。と言う方がいましたら、ぜひご連絡下さい。

特別料金とさせて頂きます。


加工前と加工後を見比べるサンプル車両は、いつも有りますので、ぜひ見に来て下さい。


ご注意: 類似品が存在しますが、当社が施工するのは、正規品のドリームコートです。
他の物とは液剤も異なり、仕上がり感、耐久性も違います。

さらに、コピー大国から、見た目も同じ偽物が売られていますが、中身が全く別物らしいです。



ドリームコート施工店 岐阜県美濃加茂市 カーピットアイドル