ジムニープロジェクト 

発売当初より欲しかった 新型ジムニー JB64W を触ってみる事にしました。
完成度の高くなったジムニーを悪い方向には持っていけないから、じっくりパーツを選んで実験していきます。

2021.2.28 ウェッズ製 新作ホイール

マッドバンス06 を履いてみました。

けっこうカッコイイんじゃないか。

見た目のゴツさをとるか、軽快な走りをとるか 

ですね。
2021.2.5 ジムニーシエラ JB74W の純正

アルミホイールは形状が特殊なので、一般的な

ホイールバランサーでは、バランス調整が出来ません。

出来たとしてもホイールにガリキズが付いてしまう。


当社ならもちろん大丈夫。

ジムニーは全てこのようなアタッチメントで測定しています。

ナットホールで固定しています。

ディーラーでもこれが出来ないところも有るそうです。
2021.1.24 シエラ JB74W に

KONI ヘビートラック ショックを装着しました。


個人的にコニーは気になる。
ノーマルと比べてこの太さ。

ガッチリしている。

オイル量が増える事は、良い事だらけ。
アライメントリフトの上で、着地1Gで作業しました。

試乗して、ステアリングセンター位置も調整してます。
見た目も非常にキレイ。

伸び側をチューニングしたコニーオイルショックは、

ロールはするけれど、適度に引き締まって

吸い付くように走ります。

乗り心地もとても良いです。
2021.1.22 ジムニーシエラ JB74W に

ジャオス BATTLEZ リフトアップセット AJ コンプリートを

装着しました。

35-40mm車高が上がるキットです。

ブレーキホース、ラテラル、キャスターブッシュも 

付属されているコンプリートキットです。
キャスターブッシュの交換はプレスで行います。

位置決めの専用工具も持っています。


キャスターブッシュは、1°30′補正されるようですが

アライメントテスターで見るとまだまだ足りない。

片側2個使うのも有りですが、

これ以上補正すると、プロペラシャフトがメンバーに

当るらしいから、ジャオスも仕方がないと話していました。

まあ普通に走るから良しとしましょう。
2021.1.16 先日お客様のジムニーを拝見したら

欲しくなったパーツが有って、調べたら当社の取引ある

メーカーさんが扱っていました。

ネオプロト ツーストップドアオープナーです。
JB64W のリアドアは、通常ガスダンパーのお蔭で

一気にここまで開いてしまう。

1m くらい有るから、後ろに当る事は予想される。

しかし現実には、ちょっと待ってと思っても壁に当る事も。


スーパーで後ろのクルマに当ったら大変な事に。
このドイツ製のダンパーに交換すると

一度には、ここまでしか空かない。強風が吹いても大丈夫。

これなら激突の心配も無くなる。

もちろん全開もできるし、3つの角度で開けられる。

最初だけ操作に慣れる必要は有るものの、

これは絶対に有った方が、クルマが痛まないと思います。
2021.1.11 エナペタル ビルシュタイン

E12 調整式ショックを装着しました。

ステアリングダンパーもセットでお買い得です。

お客様が、レンタルピットにて取り付けされました。


レンタルでも、少し困った場合は、お助けしています。
同時に、フジツボ オーソライズRM

スポーツマフラーを装着しました。
ステアリングダンパーは、こんなに太さが違いました。

ノーマルの細い事。

調整式のステアリングダンパーって凄いです。
ブルーで太いエナペタルショックが目立ちますね。

フジツボのマフラーも、トルクフルなサウンドでした。


エナペタル 乗り心地かなり良さそうです。
ホワイトパールが2台並びました。

これまた珍しい事だと思いますので撮影。
こちらは ビルシュタイン B6 を装着。

着地1Gで作業したら素早く出来ました。
ウチのも仲間に入れて、3台で撮影してみました。
2020.12.27 フロントブレーキパッドを交換しました。

新車からしばらく乗っても、あまりホイールが汚れず

最近のパッドは低ダストの物なのかと思っていましたが

結局もやはり汚れが気になり交換します。
ノーマルを外したら、グリースアップとか

全くしてないんですね。

鳴かないと自信が有るのかも。

確かに、10000km 乗ったけど、1mm も減っていない。
組み上げたら、ディクセルの文字がちゃんと見えます。

ディクセルの適合では、JB64Wは載ってません。

シムの形状の問題らしいけど、

全く心配なく装着出来ました。
新事務所の前で撮影

左ウチのクルマ 右お客様のクルマです。

ジャオスのサスキットかな?少し上がっていた。

事務所周りは、ロックを積み上げました。

舗装もキレイになりました。
2020.10.25 JB64W に、これから発売する

KONIヘビートラックショックを装着しました。


JB64Wのショックは、4本ともにガスショックですが

この商品は、4本ともにオイルショックとなります。
今までも、JB64W用は、発売していましたが

あれは、限定発売品で、JB23Wベースの物だと思います。

今回JB64W専用チューニングの物が発売します。

ゼロから設計されて、ショックの太さも

40mm から 50mm に太くなりました。
リアは、こんな感じです。

50mm のショックが良い感じです。
走りは、KONIらしく、4本のタイヤが、常に路面に

吸い付くように離れない印象です。

硬いショックだと、タイヤがバラバラに跳ねて動きますが

コニーは、均等に近く動くような印象なんです。


さすが、コニーと言えるショックです。


ほぼ完成した新事務所の前で撮影しました。
2020.07.05 JB23W に

ウェッズ マッドバンス 05 

ヨコハマ ジオランダー MT6.50-16

を装着しました。

2.5インチ上がっているおクルマでした。


大口径の迫力ですね。
2020.05.24 RAYS A-LAP-J 2019Limited

ホイールを装着しました。

なんと 4.8k と超軽量の鍛造ホイールです。

さらに走りが軽快になること間違い無しです。
2020.05.04 連休中なので

ビルシュタイン B6 ショック を装着しました。

約1年ノーマルショックに乗り、乗り味を覚えました。
装着後、フロントはこんな感じです。

付けたばかりの時は、硬くて、跳ねて、

通勤に乗れないなあと思っていましたら、

100km くらい乗ったら激変して

乗り心地も良くなり、高圧ガスのビルシュタイン

らしくなりました。

なかなか気に入って使っています。
お約束のテールエンブレムも装着しました。

¥2500- のメタルエンブレムです。


速攻の試乗では、ビルシュタインらしい

1つの衝撃を4本で姿勢が動かないようにする

そんな印象でした。
2020.05.03 連休中なので

シエクル レスポンスブースター を装着しました。

いわゆるスロコンですね。
ここが最適と判断してステーと両面テープにて

固定しました。

せっかく良くなった燃費が悪くなると困るけど

実験してみます。
2020.3.22 お客様のJB64W に

イチネン ワンサスを装着しました。

約35mm 車高が上がりました。


ノーマルショック対応品との事ですが、

リアショックのストロークが足りないです。

ロングショックに換えるべきと思いました。
こちらが、ワンサスを組む前の状態

ノーマル車高です。
2020.3.1 発売を待っていた

ウェッズ ハセスペックU 超軽量ホイールを装着しました。

先日のセットは、重かったので、タイヤもルーマルにして

とにかく軽い物を履いてみました。

その違い歴然です。

走りが軽い。

燃費もメーター表示で 11.8km くらいになりました。


見た目がおとなしすぎるとも思っています。
2020.2.17

TOYOタイヤのメーカーデモカーが

来てくれましたので、画像を撮りました。


JB64W ベースのワイド登録車両です。
後ろからの見た目はこんな感じです。

オーバーフェンダーに、50mmくらいのスペーサー

オープンカントリー185/85-16が付いていました。
付いていたサスセットを見てみたら

これはまさしく、モンローサムライ 3インチだと思います。
2020.2.2 マフラーを変えてから、やや出足が悪くなったので

シエクルのミニコンをミニコンプロに交換して

少しセッティングを変えてみます。

マフラー交換の魅力は、音質と中速以上のトルク感と

思いますが、どうしても低速は抜けすぎる感が有ります。

燃調を変えて変化が有るのか試して見ます。
2020.2.1 早々にスタッドレスタイヤを外して

ウェッズ マッドバンス04 5.5-16+22

+ BSデューラーA/T 175/80-16を装着してみました。

A/Tなら雪が降ってもそこそこ走れるだろうし。

やっぱり純正ホイールの方が軽くて、出足が良いです。



見た目はなかなか良いのですが、出足は悪くなり

燃費はさらに悪化

メーター表示で 10.6km くらい。
トラストさんのマフラーを装着しました。

このマフラーはトラスト直販のみの商品なので

商売には繋がりませんが、安くて良さそうなので

テストのつもりで装着してみます。
純正マフラーとの大きさの比較です。

音量が心配になりましたが、車検対応なので

大丈夫だろうと信じて装着しました。
心配された音量は、大丈夫そう。

音質もジェントルな感じです。

燃費とか走りの違いとかテストしてみます。



結果

音は良いけど、出だしが悪くなり、燃費がやや悪くなりました。
2019/12/4 シエクル ミニコン を付けてみました。

一般的なコンピューターチューンと異なり

燃調を薄くしてレスポンスと燃費が良くなる?

らしいお求め安い価格の商品です。
取付もいたって簡単。カプラーオンのポン付けです。

メーカーさんでセッティングされているので

付けるだけで違いが体感できます。



装着後の感想は、リングとの相乗効果で、

明らかに速くなりました。

クルマが軽い感じです。

なかなか良さそうです。

これからしばらく燃費の変化を見ます。



結果 メーター表示で 10.8km くらい。
新型ジムニーJB64Wに乗りたくて、クルマは買ったけれど、

得意の足回りは、完成度が高いから、今すぐ触りたくない。


しいて言うなら不満点は、あまりにも遅い事です。



おとなしく3000km程乗って、体がジムニーを覚えたので

そろそろ少しづつ触ります


燃費 普通に乗って メーカー表示で 10.1km くらい。
2019/12/2

初めて付ける社外パーツは、ジェイロードさんの

シエクル レスポンスリングにしました。


低速のトルクアップ、レスポンスアップが目的です。

街乗りで、スイスイ走りたいです。
説明書を、プロの自分が読んでも、取付位置がピンと

来なくて、メーカーさんに聞いて、ここだと分かりました。

20分くらいで装着できました。



装着後は、3000回転付近のトルクが増して

加速感が良くなったと思います。


昔、キャブのアウターベンチュリーを小さくした時と

同じ効果でした。

以下は過去の記事です。

以前よりの、興味の有ったジムニー JB23W を触ってみる事にしました。
ジムニーの足回りは、かなりの量を販売していますが、身を持って体験していないので、
そんな事では、プロとしてはいけない。と言うのが発端です。


とは言え、かっこいいクルマが大好きな私としては、それなりにかっこ良くしたい。がまず一番で
オフロードに興味は今のところ有りません。でもいつかオフ会?に参加したいとも少し思っています。笑

皆様の代わりに、いろいろ実験していきます。  (日付新しい順に並び替えしました。)

久しぶりに画像を追加します。

タニグチさんの2インチアップ画像


付けてから何年もたっているので

へたってフロントが下がっているかもしれません。
上の画像のクルマに

今回、トヨシマ エクストリーム 2.5インチを

組み込みした画像です。


リアで12mm フロントで 25mm くらい上がりました。
2013.9 トヨシマより新発売する

エクストリームサスペンションキット 2インチアップを

仲良しのお客さんのクルマでテストします。
結構大変な作業の

ミラクルキャスター

これを付けると、シャコウアップ時にも

ノーマルに近いキャスター角が得られて

直進性能に貢献します。
フロントのここに使います。

簡単に言うと、バネ下の皿の角度を

補正するものです。
フロントの見た目は、こんな感じです。

ブレーキホースは、フロント 35mm

リア 65mm となっています。
台の上に乗せて、ゆすって、

ラテラルの調整をしています。
こちらが、ノーマルの状態。

タイヤは、195-16装着なので、少し大きいです。
こちらが、2インチ上がった状態。

かなり見た目が変わります。

走破性能も上がるでしょう。
モンローサムライショックと組み合わせれば

最強の組み合わせが実現。


とっても引き締まります。

フラット感の有る走りを実現します。
いよいよ完成 2.5インチアップサス

うちの車両で開発テストしていた商品です。

ガンメタリックシルバーの紛体塗装がしぶい。
 お値打ちな ラテラルロッド。

 これも安い。
 ロングブレーキホース

 適切なサイズに設定されています。
トヨシマさんから、いろいろ新商品が登場しました。

いわゆるキャスタードリーム。


安い。
たまには、更新しろとお叱りを受けています。笑

ヨコハマ ジオランダーより、待望のサイズ

195R16C が新登場

ワイルドトラクションと言うかっこいい名前。

もちろん入荷しています。
2012.6 トヨシマさんの試作バネを装着

2.5インチアップ サムライ仕様です。

これからテストします。

お友達号の、ブレーキローター&パッドと

ジャダーストップフルキット等を装着しました。
今までのより、バネレートを上げて

やや荒巻になりました。

車高具合も丁度良く、ちゃんと2.5インチでした。

安定性は充分です。


乗り心地も、2インチより良いです。

かなり満足しましたので、今後サス交換は無いかも。


車高具合の画像は、今度アップします。

今は、スタッドレスなので。

毎度のように手早く交換

お客さんの作業時間の合間を使って

突然に、手早く行います。

ついでにエア抜きとか行って終了
2012.2  トヨシマさんから試作バネが届きました。

今回のは、完全新設計

モンローサムライ用 2.5インチです。

早速装着開始。

詳しく数値を測って、試走して

レポート提出です。
付いていたラテラルロッドを調整中

猛烈に硬くて、特大モンキー+パイプにて緩めて、

普通のモンキーで調整。


その後、ステアリング位置も再調整しました。

減衰力調整式ショックは、好みに応じて

減衰を変えられるのが便利です。
お友達号のサスとショックを交換しました。

うちのと同じ、トヨシマ剛2インチのサスと

4X4エンジニアリングさんの8段調整ショックです。
その後すぐに、2インチにてテスト開始しました。


3インチでは、リア側がやや突っ張る感じですが

(トヨシマ製の3インチが3インチ以上上がると思う。)

2インチでは、そんな感じも無く、快適性がぐんと

上がりますし、キャスターの問題も有るので

こちらの方が普通のクルマに近い直進性が

得られます。 普段乗りなら2インチですね。


しばらくは、これで乗ります。
思ったより、車高は上がりました。

今まで付けていた 剛3インチと同じくらい。

3インチアップとして売った方がいいような。


かなりしっかりとした足になりました。

素晴らしい走行安定性です。

でも、リアが少し突っ張る、跳ね気味と思う。
こんな感じのカラーリングです。


まだ少ししか乗っていませんが、素晴らしく良いです。

3インチUPでは、80kmくらいで、フラフラ感が有り

速度が出せない感じですが、確実に改善しました。

硬めが気持ち良い。かなりフラットになりました。

これからテストしていきます。
ようやくウチのにも付けられる事になりました。

トヨシマ製のサンプルバネとの同時に装着します。

バネは、サムライショック用に特別に巻いて、

2.5インチアップ仕様です。
噂のサムライが発売となりました。

リフトアップ用ショックで、これほど

フラットな走りを実現できるショックは

そうそう無いと思われます。



ウチのにも早く付けたい。
モンロー 新商品 サムライ

JB23W 2〜3インチアップ用をテストしました。

トヨシマ剛3インチを同時装着しています。

テネコ本社のスタッフが装着&試乗して、

その後、すぐ外されました。(笑)


かなり良い仕上がりになりそうです。

今販売されている、3インチアッフ用では

最高レベルと思われます。

ご期待下さい。
ランチョのステダン、試作品をテストしてます。

ちゃんと、2.3インチアップを意識した商品です。

試作テスト終了しました。

近日発売にご期待下さい。
結局は、自衛隊?さんに来てもらって

救助してもらいました。

クルマとタイヤの大きさが違います。

けっして、一人で川には行かないように。(笑)
だんだん埋まっていく事に

リアタイヤなんかホイールまで埋まってしまって

キズを付けたくないはずが、

すでに、リムまで砂利に埋まってしまった。


動けない。


これって、スタックっていう状態かも。。
2011.4.17 ちょっと近くの川に出かけてみました。

お天気も良いし、初めてのオフロードを体験


4WD LOWに入れて、川の中を走行

余裕で写真撮影

やっぱりアルミにキズは付けたくないので

道を選んでいたら

2011.3.27

ジムニーの皆さんが

立ち寄ってくれました。
言われてもどこが凹んでいたか分からない。

完璧に仕上がりました。


ご希望の方は、お気軽にご連絡ください。
今回お願いした業者さんは、

デント ワークマン・コンドウさん
   TEL 090-2683-0446
http://dentworkman-k.com/

素早く、綺麗に、お値打ちに仕上げてくれました。


当店で知ったと言えば、

気持ち良く、お値打ちに引き受けてくれるでしょう。
話題のデントリペアを行いました。

買った時から有った エクボを直す事にしました。

分かりにくいけど、←の部分に 4cmくらい

丸い凹みが有りました。
装着後。

見ても分からないかもしれないけど撮りました。

これでも乗りにくかったら、2インチに戻します。



:結局、後日 2インチに戻しました。(笑)
やっぱりと言うか、3インチは、ハンドルがブレる。

2インチの方が、オンロードでは快適です。

そこで

工藤自動車さんのジャダーストップフルキットを装着。
後ろから見ると、こんな感じです。

タイヤがほとんど見えてる。
横からの見た目は、こんな感じ

かなり上がりましたね。
しばらく我慢していたのですが、結局

3インチアップのサスを装着しました。

信頼あるトヨシマ札幌 剛 3インチにしました。


3インチを想定してのパーツ選びをしていたので

新たに追加するパーツも無く、すんなりいけます。
ハイマウントストップランプのLED化

この程度の作業は手馴れたものとなりました。
簡潔ワイパーの時間調整ができないジムニーに

トヨタ用のスイッチが付くらしく挑戦しました。

すんなり付いて時間コントールが可能になりました。
ジムニー が来ると写真を撮りたくなる。

兄弟車がうれしいね。
最近更新が進んでいなくてごめんなさい。

ランプ類のLED化が進んでいます。

昼間だとあまり分かりませんね。
節約しようと、エクセディを持ち込んだ自分が悪いのですが

スズキ純正は、6型以降でダンパースプリングの
形状と硬さが大きく異なるみたい。


この結果ある一定回転で共振していた様子
やっぱり専用じゃないとダメなんだね。笑



軽だから、3時間もかからず脱着終了できました。

振動も消えた様子、快適になりました。
5/5 クラッチ交換に挑戦しました。

実は先日クラッチを交換したんだけど
(この時は、買ったクルマ屋さんで、サービスでやってくれた。
SHOWAガレージさんはサービスが良い。)


その後、2800回転付近で共鳴振動が出るようになって

いろいろ調べた結果、ディスク形状の違いが有る事を
突き止めました。
今度は、エアークリーナーを交換しました。

こだわりが有るので、キノコは不可です。

パワーフィルターUにしました。

中速からのレスポンス、パワーアップ確実です。
またもショック交換しました。

今回は、4X4エンジニアリングサービスの専用品
3インチ対応品を付けました。

なかなかの完成度と思います。
一番気に入りました。

今までのショックは、付ける事ができるだけの
商品であって
、ジムニー用では有りませんでした。

今回は専用設計。当然ながらマッチングは良いです。
今回は、バネを交換してみました。

トヨシマ 札幌オリジナル 剛 2インチアップです。

快適仕様を目指します。


バネは大変気に入りました。まさに快適です。
ブレーキホースのモニター車両に
APPホースを装着しました。

すんなり装着できて良かった。


15年以上もお付き合いの有るお客様が
偶然に、ここを見て、急遽手を上げてくれました。
ジムニー仲間1号です。うれしいなあ。
キャスタードリームを装着
これでキャスターが付いて、直進安定性が
良くなるらしい。試してみます。

入れ替えは、初めてなので、時間がかかりました。
結構難しいかも。
またショックを交換しました。
と言っても、リアだけです。
人気のモンローロングショックを付けてみました。

ソフトすぎで、クロカン向きと聞いたことが有ります。


でも町乗りには、なかなか快適かも。
しばらく乗ってみます。
★お知らせ★

オリジナル ロングホースを作ってみました。
APP製 特注品 50mmロングです。
国産ならではの高品質です。

現車マッチングを確認する為に
1台限り モニター特別価格にて提供いたします。
2〜3インチ車高の上がっているJB23Wが対象


モニター車両決まりました。

全体像は、こんな感じです。

RS9000XLのダイヤル位置を模索中

現在は、F5 R3 で走っています。


その後、F4 R1 あたりに落ち着きました。
ようやく 前からの画像を撮れました。

なんともかわいいやつになりました。

ショートバンパーが決まってるでしょ。
ライトもフォグもHID化しました。
3/10 背面タイヤ移動キット(表向き)
を付けました。

ラテラルロッドも付けて、
リアーの見た目は、なかなかなになりました。
3/5 次のテストの為に、
またしても前後ショックを交換しました。
先回とは長さが変わりました。

さらに、ショートバンパーに交換して

マフラーも装着しました。
3/4 リアースピーカーを増設する為に
内装を全て外しました。

手慣れていますので、こんな事は平気ですが
結構大変な作業と思います。
40mmアップのバネですが、
思ったより上がっていると思われます。

上の画像と見比べると違いが分かりますよね。
後ろから見るとこんな感じ

ラテラルはそのうち交換します。
3/2 次のテスト
ランチョ 40mmアップコイル
ランチョ RS9000XL を装着
ブーツは移設しました。

装着にあたり 
50mmロングのブレーキホースに交換
ロアーアームの塗装をしました。

乗り心地は、かなり改善しましたが、
ストロークの問題が判明。
このショックも 2日間でテスト終了します。
 
2/28 とりあえず試してみたかった
プロコンプ ES1000 を装着しました。
バネはノーマルのまま使用
ブーツは好みのロイヤルブルー

リアが跳ねる。硬い。。

2日間の使用で、テスト終了。

 
2010.2 念願のジムニー(中古)を購入
5型以降のブルーが欲しかった。

愛知のショウワガレージさんで、6型を購入
ジムニーの中古って、高いです。

とりあえず、お気に入りのホイール
XTREME−J  ガンメタを装着 限定品
タイヤはジオランダーATS 185/85-16


 


JB23Wのショック選びについて、
ここまでの経験を整理すると以下のようになります。個人の印象として読んで下さい。
プロコンプ ES1000 サイズは、いろいろ有って、長さは自由に選択できるし、価格も安い。
しかし、リアーの突き上げ感は強く、普通に乗れない。段差で飛び跳ねる感じ。

JBの車重では、ストロークしないショックと言う印象。
でも、多数売れているから、人の好みもそれぞれなんでしょう。
ダートとかをガンガンに走る人には向いているかも知れない。 腰痛持ち、おじさんには無理。
ランチョ RS9000XL 減衰力調整できる事が便利、好みに合わせられる。
とは言え、JBの軽い車体には、マッチングは難しそう。
サイズ選びもすんなりとはいかない。リアの突き上げ感は結構ある。
 
車重の有る大きなクルマ、RV車向けだと思います。
モンローロング
(5818ST+31000)
爆発的に売れている商品です。JA系のクロカンには向いていると思いますが、
JB系には、正直ソフトすぎると思います。
純正よりもかなりソフトな印象なので、オンロードでは、乗り心地を重視する方にお奨め。
クロカンには使えると思いますが、オンロードでは、ふらついてスピードを出せないと思います。
4X4エンジニアリング 8段調整式 さすが専用設計だけあって、特別な不満も無いショックです。
フロント5番、リア3番あたりが良かった印象。
しいて言うなら、突き上げを減らし、減衰力を落とすと、スピードを出すと怖い。
80km以上で安心して走れない。リアがぐにゃつく。硬めると突き上げる。当たり前の事か?

オンからオフまで、カバーすると言う意味では、良い選択と思います。
参考に、非調整のタイプは、これの4番あたりの減衰力で、乗り味も良好、無難です。
モンロー サムライ さすが、最新式の専用ショックです。
申し分ない走行安定性。素晴らしく引き締まっています。
それでいて乗り心地も悪くない。良い話ばかりでは困るので、あえて欠点を書くと
ルックス重視のドレスアップ、オンロード走行、ダート走行は、満足できると思いますが、
クロカンには向かないかも知れません。その理由は、自由に足が動くと言うほど
ソフトでは無いという意味です。
オンロード重視の方にはおすすめです。